SEN. RETREAT TAKAHARA PROJECT

PROLOGUE

プロローグ

ふとこぼした悩みが、プロジェクトの火を点けた。

「熊野古道に、泊まるところがもっとあったら……」

和歌山県田辺市にある旅行会社に勤務していた天野は、頭を悩ませていた。

熊野古道は1000年以上の歴史を持つ、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へ通じる参詣道。2004年には世界遺産に登録され、毎年多くの観光客でにぎわっていた。日本の宗教や歴史、自然を体感できることから海外で人気が高まり、熊野古道を訪れる観光客の8割が外国人。中でも、欧米豪からの来訪者が多い。

しかし、その人気ゆえの課題があった。それが、天野を悩ませていた宿泊施設の不足。熊野古道の宿泊施設はなんと、2年先まで予約が埋まっているような状態だった。観光客であふれかえっているのに、泊まる場所がない。せっかくの観光資源があっても、受け皿がなくては生かしきれない。
「もともと宿泊施設が少ないうえに、昔ながらの老舗温泉旅館や家族経営の小さな民宿が多く、世界中から毎日届く予約リクエストを受け切れない状況でした。」

天野がこの悩みをふとこぼした相手が、日本ユニストの代表・今村だった。もともと知り合いだった今村に、食事の席で何気なく発したこの一言。これが熊野古道プロジェクトの始まりとなる。

SEN. RETREAT TAKAHARAプロジェクト
PROJECT STORY

プロジェクトストーリー

SEN. RETREAT TAKAHARAプロジェクト2
SEN. RETREAT TAKAHARAプロジェクト
EPILOGUE

エピローグ

熊野古道の先に広がる、スマートな未来。

熊野古道に誕生した宿泊施設のネーミングは、「SEN.(セン)」に決まった。そこには、紀伊山地の山とその間を流れる川、紡ぎ繋がれる数多くの線、そこに五感をあらわすSenseを掛け合わせ、自然・地域・人々を繋ぎ五感を満たす宿を目指すという想いが込められている。
そして、「隠れ家」という意味を持つRetreatを組み合わせた。

「もともとSEN.HOSTELという名称で動かしていたんです。でも旅行会社当時私のボスだったカナダ人の知人に相談したら、ホステルはドミトリーのようなお宿のイメージだからSEN.のようなゆったりできるイメージとは違うかも。Retreatにしたら?とアドバイスをもらって」と天野。
熊野の自然と旅行者がゆるやかにつながり、地元の文化や歴史にふれられる「SEN.(セン)」のコンセプトに、隠れ家という意味を持つRetreatはまさに最適なネーミングだった。

多くの人の協力を得て完成した<SEN.RETREAT TAKAHARA>は今、オープンの時を待っている。コロナ禍で開業を延期したが、日本ユニストは来期中に4施設をオープンし、10年で施設数を10倍に増やしたいと考えている。

誰もがビジネスになると思っていなかった場所に、新たに立ち上がった熊野古道プロジェクト。事業モデルをプランニングした田中は、「宿泊だけでなく、飲食店やリネンを扱う施設なども作っていきたいですね。雇用を作ることで移住を促し、定住につながるのではと思います。将来的には、ITを駆使したスマートシティ化も構想しています」と、熊野古道を中心とした地域の展望を描く。
地元出身の天野も「地域おこし協力隊とのつながりや、熊野の農産物を扱う現地の事業者と出会ったり、熊野古道の保全活動「道普請(みちぶしん)」に参加させていただいたりしました。去年初めて挑戦したクラウドファンディングでは、和歌山からのご支援がたくさん届き、地元との関係性が生まれています。」と、地域に根差した活動に期待を寄せる。

熊野古道プロジェクトは、地方だけでお金の流れを作り出す、地方完結型の事業モデル。このプロジェクトの発展は、少子高齢化や人口減少と並ぶ社会課題である「空き家問題」の解決や、その地域で何十年かけて磨き上げてきた技術・ノウハウを承継し、地方創生・地域活性化につながっていく大いなる一歩になる。1000年の時を刻んできた熊野古道の先には、スマートで明るい未来が見える。

PROJECT OUTLINE

SEN. RETREAT TAKAHARAプロジェクト

SEN. RETREAT TAKAHARA PROJECT

2021年春開業(予定)